スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省

2012.05.14.10:33

書き手  おはな坊


GWも終わりましたね~。
大型連休であるGWといえば…帰省。

帰省といえば長距離

長距離といえば自走!

と、いうわけで今回も去年とは逆ですが広島~鳥取間の自走にチャンレンジしました。
しかも今回は一人ではなくなぜかよっしーさんが一緒です。
5月3日。
まず嫁さんが子供たちを連れて車で帰省します。
当初はこの日に決行しようかと思っておりましたが…天気予報では広島南部はともかく北部および鳥取西部は雨。
最初は行く気満々だったGanbaさんがこの雨でヤル気をなくしてDNS。
翌日は雨の予報な出ていなかったので次の日に決行することにします。

そしてあくる5月4日に私とよっしーさんの二人は鳥取県に向けてスタート。
早朝4時40分頃に江田島を出発します。

早瀬大橋→音戸大橋を越え呉市の阿賀方面から375号線を北上。
郷原への坂をマッタリの登りしばらく進んだ先にあるセブンイレブンで1回目の休憩。
この時点では二人とも「郷原への坂もそうでもなかったね~」などとまだまだ余裕がありました。

郷原を抜け黒瀬に入ると、なんか北の空模様が…
まさかねぇ~。
天気予報では南部は晴れ、北部も降水確率は20~30で午後は晴れだったはず…

しかし西条に入るとポツポツしばらく進むと路面もビッショリで雨も本降り。
もう最悪です…前の晩に点検を兼ねて自転車を磨いたばっかりだったのに…

さらに雨の弊害がもう一つ。
ロード乗りなら常識ですが並んで走る場合、先頭は風の抵抗をモロに受け非常に疲れます。後ろを走る人間はそれに比べ数割の負担軽減となり楽に走れるのです。
以上の事から通常、私とよっしーさんが走る場合はよっしーさんが前を牽いてくれます。
圧倒的実力の差とよっしーさんの優しさによるものですが、雨が降るとこのメリットが生かされません。
後ろに付くとよっしーさんの自転車の車輪に巻き上げられた水しぶきや泥が全身くまなく降りかかります。それを避ける為に車軸をずらすと今度は風の抵抗を受け疲れます。

黒瀬~西条までは比較的緩やかな登りですが豊栄に向けて結構な斜度と距離の登りがあります。
このあたりでかなり疲労が溜まりましたね…
どうにかこうにか豊栄を越えると三次までは下りなんで一安心、本番の庄原⇒鍵掛峠にそなえて体力温存です。

庄原のかんぽの郷近くのセブンイレブンで補給し、いよいよ今行程で最大の登りにチャレンジです。とはいっても西城までは平地に近いので速度はあがります。
正直自分はゆっくりと行きたいんですが…よっしーさんが速い。
西城を抜けて登りが始まってもノリノリで登って行きます。あとで聞くと雨のお陰で体温があまり上がらず気持ちよく登れたそうです。後ろの私は瀕死だったので「このペースで行くとヤバい」と思い途中にある「グリーンフィールド」というジェラート屋さんでの休憩を申し出ます。
ぶっちゃけ雨に濡れて寒いんですが足が完全に死ぬよりましです。

店内で冷たくも甘いジェラートで補給しているとお店の方達が「どこから来たん?」と聞いてきます。
自転車乗り冥利に尽きるこの質問。
堂々と江田島から来たと答え野あそびジャージを見てもらいます。
そしたらお店のおばちゃんたちが凄いサービスしてくれました。暖かいお茶やら茶菓子やらをてんこ盛りです。よっぽど私が疲れてるように見えたんでしょうね…
おばちゃん達のサービスで生き返り残り10kmのヒルクライムに挑みます。
IMG_1717.jpg
道後山の手前から勾配が急にあがりよっしーさんはともかく私はトロトロと登ります。
思い返せば晴れの日ならともかくこの日は自分たち以外のサイクリストは一人しか見てないや…ホント俺たちアホだな…なんて思いながら辛い坂を上りました。

そして県境&最高点
IMG_1719.jpgIMG_1720.jpg
さっきまでヘロヘロだったくせに「中国山地がなんぼのもんじゃい!」と心の中で叫びます。

そしてここでよっしーさんとはお別れ。
IMG_1722.jpg
お互いのここまでの走りを称え、これからの帰路の安全を願い熱い握手!

よっしーさんと別れた私は残り50kmを一人で走ります。
雨も止みさらに日本海まではほとんど下りなんで楽ちん楽ちん。風向きも追い風に変わり30~40kmで軽快に走ります。
途中のコンビニで休憩しながらも県境から丁度2時間で嫁の実家に到着。
IMG_9386.pngIMG_8473.pngIMG_6568.png
iPhonでログとりましたがこうやって記録をみると疲れ果てましたが楽しいもんです。


私と別れたよっしーさんはどうなったかというと…
庄原でパンクをしたものの後はトラブルも無く無事に江田島の自宅へ到着したそうです。
IMG_1723.jpg
その距離なんと300kmオーバー…


さて、次はの帰省はお盆です。暑いだろうな…
スポンサーサイト

comment

Secret

帰省ライド

2012.05.14.12:32

あぁ・・・おはな坊さんがどんどん雲の上の存在に・・・。

帰省ライド、毎回楽しみになりそうですね。

>>White Noiseさん

2012.05.16.09:31

いえいえ、牽いてくれたよっしーさんがいなければおそらくあと1~2時間は遅かったと思います。
今回は出来ませんでしたがいつかは大山ヒルクライムにチャレンジしたいと思います。
プロフィール

野あそびクラブ 江田島

Author:野あそびクラブ 江田島
江田島にて広く浅く遊ぼうと有志により立ち上げました「野あそびクラブ 江田島」であります。

山あり海あり空?ありで遊んでいきます。

ちなみに記事は会員それぞれが活動を思い思いに書いております。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。