スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島県サイクルロードレース大会

2012.05.22.19:54

書き手  おはな坊


広島空港隣にある中央森林公園にて行われた自転車レース「広島県サイクルロードレース」に出場してきました。
午前中に行われていた登録選手たちは12.3kmの健脚コースを舞台にレースをしていましたが私たち一般の選手は通常のサイクリングコースを少し変更した3.2kmのコースを走ります。
私がエントリーしたのはビギナークラスで60過ぎの年配の方から11歳の小学生まで幅の広いクラスです。

現地に到着し受付等の準備をすませ自転車SNS「LEGON」でお世話になってるケンイチさん率いるTEAM K_ABAさんの応援をしました。
IMGP0804.jpg
↑チームタイムトライアル(TTT)でがんばるK_ABAさん達。

TTTの次はいよいよ私の出るビギナークラスの番です。
先程までTTTにでて疲れているはずのK_ABAさんのトミ~さんとchoruさんも同クラスでの出場です。

スタートラインにならび周りを見渡せば小っちゃいお子様が数人。なんか子供相手に本気出すのも大人げないよな~って思ってたら後で痛い目に会っちゃいました…
それにしてもスタート直前、まだ走り始めていないのに心拍計が116まで上がります。どんだけチキンな心臓なんだと自分であきれます。

そしてスタート!3.2㎞×3周(計9.6km)の短いようで長い戦いの開始です!
西チャレと同じくスタートダッシュで頑張り先頭集団に入れました。
一周目の途中までは東急ハンズのサイクルチームMANIのメンバーさんが牽いていましたが途中からK_ABAのトミーさんが牽きます。
今回は西チャレの反省も踏まえて前に出ずグッと我慢し先頭集団に居続けることに集中していました。
二周目に入ると同じくK_ABAのchoruさんが先頭を牽きます。
2.jpg

私はというとコバンザメのようにぴったりとくっつき三周目まで力を温存する為に我慢しようと思いましたがchoruさんはTTTにも出られていて疲れているはず…そんな人にお世話になっていても良いものかという心の良心に負け意を決して先頭に出ます。
しばらくの間は先頭を頑張って踏みましたが次第にペースが落ちトミーさんを含む3人の集団に先にいかれました。
そして三周目は自分と先頭集団の間にはchoruさんと小学生が走っている状態。
なさけなくも小学生に牽いてもらう格好になったんですが…小学生の後ろって全然風よけになりません。そりゃ身体が小さいんで当然です。
その後、登りで小学生をどうにか牽き離しchoruさんと二人で先頭集団を追いますが追いつかず。
choruさんと4位争いをする覚悟をしゴール前の最終のストレートに入るカーブで後方からガシャン!という嫌な音が…振り返るとchoruさんが落車しています。レース中なんで止まりはせずにそのまま走ってしまいましたが「もしかして俺が変なライン走ったのかな??」なんて心配をしてしまいます。
そのまま私はゴールし結果は4位。
4位いう自分にしては上出来の結果に喜びつつもchoruさんが心配でしたがしばらくすると自走でゴールをされてる姿を確認。後で理由を聞くとカーブでペダルを踏むタイミングを間違えて地面にペダルを当ててしまったための落車だったそうです。身体を数か所擦りむきチームジャージが破れはしたものの幸いバイクやおNewのホイールにはダメージは無いとのことで皆で一安心。

そして表彰式。
IMG_1772.jpg
表彰台ではないですが4位入賞ということで賞状と副賞のボトルを貰いました。賞なんてもらうの何年振りでしょうか?小学生の頃に絵画で貰ったくらい?そのくらい久しぶりに貰った賞状に感動しました。
K_ABAのトミ~さんはTTTを走られているにも関わらず3位入賞。トライアスロンをされているだけあって流石であります。
その後ノービスクラスとスポーツクラスも応援し帰路につきました。


さて次の日曜日はもみのき森林公園にて270分耐久レースが開催されます。
一人ではなく野あそびのメンバーで出場するので楽しんできたいと思います。

それにしても…最近自転車に乗ってばっかりですね……
プロフィール

野あそびクラブ 江田島

Author:野あそびクラブ 江田島
江田島にて広く浅く遊ぼうと有志により立ち上げました「野あそびクラブ 江田島」であります。

山あり海あり空?ありで遊んでいきます。

ちなみに記事は会員それぞれが活動を思い思いに書いております。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。